耳よりデータ入力情報

最新のデータ入力情報まとめ

企業が効率化を図ろうとする中にアウトソーシングというものがあります。
これは仕事の一部を外注する事で給与計算から経理処理、データ入力など多岐にわたりこれを代行してもらう事で報酬を支払い企業は本業に集中できるという訳です。
依頼してから完成までの期間はおおよそ1週間程度が目安となります。
もちろん量や繁忙期か閑散期などにもよりますが発注量が多い場合には分散させる事で同様に早期納品が見込めます。
お急ぎであれば要相談のところもあるでしょう。

データ入力代行はどれくらいの期間で納めてもらえるの?

データ入力代行はどれくらいの期間で納めてもらえるの? 最近の企業では定常業務の一部や簡単な作業、誰でもできるようなものをアウトソーシングする事が増えてきましたね。
データ入力業務もその一つと言えます。
そのアウトソーシング先には単価が安くて済む東南アジアなどの国々や、刑務所に出す事もあるから面白いですね。
そんなデータ入力代行の期間ですが、文字数や量にもよりますが大体1週間程度の短納期でやりますというところが多いです。
データ入力なら誰でもできますので結構やりたいと思っている人は多いためこのような短い期間での完成が可能という訳です。
もちろん量が多ければ扱える量だけ受注する事になりますからいくつかの発注先にお願いしなければいけない手間が発生しますが中規模以上の組織であれば大抵1週間程度の完成し納品してくれます。

データ入力代行への発注の仕方

データ入力代行への発注の仕方 データ入力代行への発注の仕方ですが、ただ単にデータだけ渡してこれでデータ入力してくださいと依頼するようなやり方はあり得ません。
どんな委託であってもそうですが、相手は仕事を請け負っているプロなのだから言わなくても分かるだろうというのは間違いのもとです。
最低限、どんな形式でのアウトプットが欲しいのか、その仕様をしっかりと事前に取り決めておく必要があります。
例を挙げれば、名刺の束を渡してそのデータ入力をして欲しいと思っているとしましょう。
この場合、どんな形でアウトプットが欲しいのかはっきりさせておかなければなりません。
例えばExcel形式で欲しいというようにです。
ですが、Excel形式というだけでは全く十分ではありません。
項目をどのようにするのか、各項目への入力形式はどうするのかも取り決めておく必要があります。
例えば住所一つをとっても、1枚の名刺にある住所の全てを一つの項目に入れて良いのか、それとも都道府県とそれ以下の住所を分けて入れて欲しいのかなどをはっきりさせておく必要があるわけです。
実際には、代行への発注にあたっては、このような仕様を明確に取り決めた仕様書とともにデータを渡すのが普通です。

copyright (C) 2018 耳よりデータ入力情報. All Reserved.